全国展開している大手探偵社に絞って比較してみました

大手探偵事務所比較

浮気の基礎知識

浮気の証拠として認められるものと認められないもの

更新日:

浮気の証拠と一口に言っても、実際には認められるものと認められないものが存在します。せっかく証拠を集めたのに「その証拠は使えません」ということにならないためにも、ここでは、正当性のある浮気の証拠とそれ以外の浮気の証拠について解説していきます。

正当性のある浮気の証拠

まずは、正当性のある浮気の証拠を3つ紹介します。

1.同じ相手とラブホテルの利用が3回以上

一夜限りの逢瀬の場合、浮気の証拠としては非常に弱く、離婚や慰謝料の対象とならないことも少なくありません。そのため、少なくても同じ相手と3回以上のラブホテルの利用の証拠を掴むことで、正当性が高まります。

2.滞在時間40分以上

仮にラブホテルに入ったことが発覚したとしても、5分や10分では浮気の証拠とするには弱すぎるようです。

個人差はあるかもしれませんが、お互いシャワーを浴びて、セックスをして射精に至るまでの時間を考慮しますと40分以上はかかるのではないか?ということが、その理由となっているようです。

3.浮気相手の家に5回以上の訪問

浮気相手とはいえ、2回や3回の訪問では、浮気の証拠とするには難しいようです。仕事の打ち合わせなどの理由付けができるせいかもしれません。やはり浮気相手との親密性を示すためには5回以上ということになるのでしょう。

浮気の証拠として認められないもの

残念ながら浮気の証拠として認められないものには、次のようなものがあります。

・浮気相手とのメールやSNSのやり取り
・スマホに保存されている浮気相手とのツーショット写真
・ラブホテルやシティーホテルの領収書

基本的には肉体関係が証明できるかどうか?がカギとなるためです。

-浮気の基礎知識

Copyright© 大手探偵事務所比較 , 2017 AllRights Reserved.