全国展開している大手探偵社に絞って比較してみました

大手探偵事務所比較

浮気の基礎知識

配偶者が浮気をした場合、親権は得られますか?

更新日:

配偶者が浮気をした場合の親権は、たとえ妻の浮気が発覚して離婚に至った場合であっても、母親の方に親権があると判断されることもある一方で、父親側が親権を得ることもあります。

親権と子供の年齢の関係

仮に妻が浮気をした場合であっても、親権は子供の年齢と大きく関係します。子供の年齢が15歳未満の場合、年齢が少なければ少ないほど母親が親権を得る確率は高まります。おそらく、「小さな子供には母親の世話が必要である」という考え方に基づいているのでしょう。

ところが子供が15歳以上になりますと、子供の意思が尊重されるようになります。そのため配偶者の浮気があった場合でも、子供が「父親についていきたい」と意思を示せば、父親側が親権を得ることになります。もちろんその反対もあります。

母親側が親権を得られないケース

前述したように、たとえ妻の浮気が原因で離婚となった場合でも、子供が幼ければ幼いほど、母親側が親権を得やすい傾向がありますが、育児をしないネグレクトであったり、日常的に虐待があることが認められたり、そもそも「親権はいらない」ということであれば、子供が乳幼児であっても父親が親権を得られる可能性があります。

父親が親権を勝ち取る方法

父親が親権を勝ち取る方法には、まずは養育実績を作ることがあります。養育実績は一朝一夕には作ることができません。特に仕事をしながら小さな子供の面倒を見るのは非常に困難です。

ただし、自分ひとりでやろうとせずに、親や兄弟や親戚などからサポートをしてもらえる環境にすることで、養育実績が作りやすくなります。

-浮気の基礎知識

Copyright© 大手探偵事務所比較 , 2017 AllRights Reserved.