全国展開している大手探偵社に絞って比較してみました

大手探偵事務所比較

浮気の基礎知識

配偶者が浮気をした場合の養育費について

更新日:

配偶者が浮気をしたことで離婚した場合、子供の養育費を減らすことや、養育費を支払わないことはできるのでしょうか?

残念ながら、配偶者の浮気が原因であったとしても、養育費を減らしたり、ましてや養育費を支払わないということが認められることはありません。

ただし、慰謝料という形で配偶者や浮気相手に請求することはできます。

養育費について

養育費は、子供が自立したとみなされる一定の年齢までの必要経費です。養育費は、子供の衣食住や教育や医療に関する費用が含まれた金額ということになります。

妻の浮気で離婚したのになんで養育費を払わなければならないのか?と思われる人もいるかもしれませんが、そもそも養育費というものは、子供を健やかに育てるためのお金であり、たとえ離婚したとしても子供の親であるという事実に変わりはないためです。

養育費はどれくらい支払えば良いのでしょうか?

養育費の金額は、支払う側の年収と生活水準によって異なります。そのため、月間で3万円から5万円という人もいれば、10万円から15万円という人もいます。離婚をする際にきちんと話し合って決める必要があります。

できれば口約束ではなく、公正証書を作成しておくと法的な効力を得ることにつながります。

浮気相手への慰謝料の請求

配偶者が浮気をして離婚しても養育費の支払いがなくなったり減額されることはありませんが、配偶者や浮気相手に対して慰謝料を請求することは可能です。

その際には、「不貞行為」としての証拠が必要となるため、探偵に依頼して調査をしてもらうのもひとつの方法です。

-浮気の基礎知識

Copyright© 大手探偵事務所比較 , 2017 AllRights Reserved.